...
<< February 2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

130224



尻ですみません、泰平です

絵をひとつ上げました。ふんどしの日と猫の日を一緒にして太史慈を剥きました。趣味です。上げた絵は猫のしっぽで尻がかくれてしまい悔しかったので、こっちに尻を上げました。冷静になってみると結構な食い込ませ具合にしてしまったなあとおもいました。ちなみにしっぽは尾てい骨のとこから生えてるかんじでおねがいします。
一時期自分も、ふんどしの似合う体系になりたくて筋トレなぞしてたりもしましたが、いつのまにかやらなくなっていました。腹筋てなかなか割れないんですね...腹筋を割るなら筋トレするより体脂肪を落として筋肉を浮き出させたほうが早いという話を小耳にはさんでなるほど〜とおもいました。脂肪を落とすのもなかなかむつかしいですが。とりあえずマッチョっぽくなりたいとは常々思っているので、また筋トレを始めようかとおもいます。決意表明です。ケツ(尻)だけに。

.....寒いですね...。
...いっこ前の日記の絵も...まだ途中です...。

130214

泰平です、

昨年はバレンタインデーとふんどしの日をまとめてやけくそでなんかえろい絵かなにかやろう!となって慶次と孫市(なんとなく選んだ)でえろというかなんか脱いでるのを一枚描いてたんですが、今年もなんかやろうかなと思ったら時間がありませんでした。なんでえろいのやろうと思ったんだろうか謎です。えろ描く機会とか無いし何か無いと描こうとも思わないので、2月14日は自分でえろの日にしようかなとおもいました。おもったけど来年には忘れているかもしれないです。そんなもんです。



まにあわなかったのでそのうち完成できたらいいなとおもいます。って言うと大体完成しないです。中途半端で投げてる絵とか漫画が何枚かあります。

えろって、なにかな〜、興味かな、続きはとりあえず肌色です

続きを読む >>
130211



エアギターで腱鞘炎の孫策

泰平です、
galleryにgifアニメを上げました。予想以上に重くなってしまったのでちゃんと動いてくれてればいいなとおもいます。太史慈があんまり上手に歩いてくれませんでした。あと孫策の前垂れのヒラヒラはカットしちゃいました。いろいろあるよね。

さんむそ7の、ifシナリオモードで、孫策の生死の扱いに手が加えられているか否かが心配でしかたないです。生きた太史慈と死んだ孫策とか、考えますけど、自分自身孫策の死というか、孫策のことも太史慈のこともまだ全く飲み下せていないので、ごちゃごちゃしています。

ごちゃごちゃしていますが、二人とも浮き世に自分自身の生を置けていないというか、地に足ついていないというか、最初は地に足つけていないのは孫策だけだと思っていましたがどうも太史慈も足がついていないらしく思えて、生きていながら生きていないような、生きるを実感できないが死んでもいない、浮き世の中にいながら生きた心地のしないところをたゆたうているような気がするので、そこんところが似ているというか、互いにもしくはどちらかがどちらかに固執なり依存なり何なりするなら、頭ではわからないところで相手の持つ無いものとか感じないものとかを自分に重ねて、同族嫌悪の逆、縋りたいのかなあとか、ちょっとおもいました。まとまらないです。戦の中にいてもいなくても、どこにいても生きた心地がしないです、孫策も太史慈も。
生きていることと死んでいること、生きていることと死んでいないこと と、同性同士の性行為の理由とか意味とか、恋愛感情の無いところで生まれた行為とか、戦の中での後での心持ち、男と女、その立場、とか、最近ちょっと考えますけど、自分はそういう時代を生きていないのでどうにも生温いようなものになってしまいます。頭がよくなりたい。

戦場に女がいない、おさまらぬ、そこに己と同じくおさまらぬ男がいる、只今欲する行為は子を成す目的ではない、手段、手段と目的の一致、わかんねえ。

最初は太史慈のキャラクターを掘るつもりで引っ張ってきた孫策でしたがちょっと、こいつらの生きる死ぬについて、どつぼに嵌っちまったなあとおもうところです。散漫としてしまう、うまくまとめられないです。
あ、あと、だから、なんというか無双歴代シリーズもそういうものだったから今回だけというわけではないんですけど、あんまり生死のおわったことで大きくいじくりまわしてほしくんんんんん...ないなあ...というか...それを売りにしたら...という不安あります。もしも、っていう話。もしもあの人が生きていたら、もしも天下がとれたなら、ゲームだし、幸せに終わるのもいいんですけど、幸せに終わって、でもこれは無かった話なんだよなあとなるのが悲しいです。

なんの話だ。

130206



最近落書きとかを上げる場所が迷子です泰平です、

無双7発売までに買い替えたps3に無双データを作り直さねばとオロロロしてたり三むそがぷっちょとコラボしてたりよくわからなかったりしてたりなんだりですがここんとこでようやく手に入れたまま放置していたとびだせどうぶつの森をはじめました。
自分は悪い人なので村の初期住人選別をして、たいへいたが出るまで粘りました。粘ったら、他の住人もいいかんじの人たちになりました。あとくまのムーさんとかも引っ越してきてくれたらいいなとおもってます。
ゲームを始めていちばん最初にくまの女の子からデニムの服をもらい、それをたいへいたが汗かいて地団駄踏むくらい欲しがっていたのでたいへいたの持っていた他の服と交換したのですが、交換してすぐにデニムの服に着替えたたいへいたを見て言葉を失いました。たいへいたが着たデニムの服には、自分が持っていた時は確かにあったはずの袖が何故かなくなっており、なんというか、すごく...スギちゃんでした...。ワイルドだぜぇ...いや嘘だぜ...ぜんぜんワイルドじゃないぜぇ...。はやく他の服に着替えてほしいです。

たいへいたどことなく太史慈みたいなのでまああの、あれです。

いいよね。

130201



泰平です、
太史慈の股間にはさまれている方が虎撲で、腕枕されている方が殴狼です。

抱き枕というと、小さい頃に何故か親から買い与えられた弟とおそろいの抱き枕の形がヒトガタに見えて気味悪く、自分も弟も抱くのが嫌だったけどベッドの上以外に置き場所がなかったので仕方無く抱き枕を抱かずに添い寝をする日々を送っていましたが、抱き枕が嫌だということを親には言ってはいなかったのにいつのまにか自分の抱き枕も弟の抱き枕も姿を消していたという謎の思い出があります。

夏侯惇の枕カバーなんて出ようもんならその惇カバーと寝てしまった世の女性はみんな一夜にして孕んでしまうんではないかとおもいました。